雪がとけてきた
 最近、暖かくなってまいりましたね。
雪も解けてきて、春が近ずいてきているのが解ります。
 なんだか陽気になりますよね。色々と計画も立ててしまう。。。(先走りますね気持ちも頭も。)
 空気の香りも変わった気がする。
 この時期、子供の頃の雪遊びの終盤の感じ。。。なんか懐かしい。自転車とか乗り回したくなる。野球したり、公園で泥まみれになるまで遊びたくなる。好きです、今時期の感じ。
 ストーブの温度設定も低くなる。今年の冬はわりと過ごしやすかったなと振り返る。
 冬の間の計画のまとめに入る。

   今年1年の目標に集中しだす。

       平穏無事を祈り、

                     手を合せる。
[PR]
# by bar_inazo | 2006-02-22 13:51
フリーメーソン
 フリーメーソンて聴いたことございますか?
 検索してみると世界最大の秘密結社。ヨーロッパで発足したようです。

 これを調べると実に怪しい、というかもしこれが本当なら世の中は完璧に、彼らに操られている。
 反キリストらしいが、今のイラク戦争も関係あるのかも。。。アメリカの歴代大統領はほとんどフリーメーソン。勿論ブッシュも。ケネディは違ったとも聴きます。ますます怪しい。
 モーツァルトなど有名アーティスト等はフリーメーソンが多いらしい。(モーツァルトの死も怪しい。毒殺と言われています。)
 フリーメーソンのマークは意外とみんな知っていると思いますが、1ドル紙幣の裏にある、ピラミッドの先っちょに目が付いてるあれ。
 靖国神社の入り口通路に片方は菊の紋ともう片方はフリーメーソンマークがあると聴いたことがあります。小泉もフリーメーソン?(怪しい)。右翼はフリーメーソンらしい、1番下っ端の。国連やFBI,CIAもそう。中堅の。なんせ目ん玉の先っちょに位置する(あの絵で)存在がトップで存在するんだから超怖い。
 世の中、誰かの筋書きどうりに進んでいる気がしてならない。

 アメリカが独立してからが精力的に広まったようです。あの自由の女神もフリーメーソンの象徴(フランスが進呈)というのだから。すべてはフリーメーソンの世界侵略計画の途中?
 2つの世界大戦も筋書きどうりのよう。第3次世界大戦もその筋から行くと起こるようです。。。

      正義はどこへ。
         もう無いのかも。
        とにかく怪しい。なにか秘密が隠されている。
             変な人間の仕業でしょう。
              宇宙の法則もなめているような気がする。


               どうしたらいいんだ?。。。。    犠牲にはなりたくない。
[PR]
# by bar_inazo | 2006-02-21 16:41
姉、来店
 INAZOに姉が来店した。土曜の夜。
 同窓会の帰りに寄ってくれた。

 身内が店に客として来たのは初めてで、ちょっと緊張した。
 あまり顔を合わさない兄弟なのでちょっとぎこちない。。。
 法事とかでしかほとんど逢わない。正月やお盆も電話で話す程度。
 いずれにしろ、ちょっとうれしかった。

 親族の交流、自分も良い大人なので進展させていきたい。
 照れくさいんだよね、いまだに。まだ餓鬼、自分。

 皆さんはどうでしょう。

 今日は母の70歳の誕生日。電話をしてそのことを伝えた。
 喜んでいた。仲良し、、、世の中が明るくなる。

 友達や兄弟、家族、、、基本ですね。
[PR]
# by bar_inazo | 2006-02-20 17:45
裏小路マニア
 昨夜、仙台出身の裏小路好きの青年がINAZOにやってきた。
彼も仙台で当店のような民家を改装した2F建てのJAZZ BARに働いていたと言う。
札幌で、こういう物件を探していると言っていた。

 彼は大学で旭川に来て以来、北海道のとりこになったよう。
 その後、自己のルーツや戦争の歴史を探る旅に出たよう。今もその途中?で北海道で
自分のお店を持ちたいと言っていた。

 彼の話は面白かった。。世の中のホームレス地帯やコミューンのある地域を色々と訪れ知っていた。そして各地のDOWN TOWNを巡り歩いているよう。
 大阪、広島、佐世保、沖縄、横浜。。。そして平取。
 自分もここまでではないが、そういう場所の人達に興味を持った時期があったので少し気持ちがわかります。底辺を知るという行為。
 でも現地の人間にしてみたら調査隊としか初めは思われない。よそ者扱い。ちょっと度胸が要ります、そこに同化するには。そこそこのルールがあるから。

 そういう旅は旅を終えた後、自己を大きくさせてくれる。作家やアーティスト達に多いと思われます。底辺からメッセージしようとしている人に。。。
 (ネタにする人も見られますが。。。)

 久々に興味を持てた青年に出会えてうれしくなった。

 彼も幾つか入り口まで行く店はあるけど、扉を開く店は少ないと言う。
INAZOの戸をあけてくれた彼が、この出会いを生んだ。
 確かにINAZOの場所は元女郎小屋、筋金入りDOWN TOWN?彼が匂いを嗅ぎつけて来たのもうなずける。ツボに入ったのでしょう。

 彼とは何かの「縁」、を感じた。

  大切にしたいです。
    久々のインパクトのあるこの出会い。
      同類と感じた。
        そして、
          俺も頑張ろうと思った。
[PR]
# by bar_inazo | 2006-02-18 16:33
稲造と諭吉
 先日、新渡戸稲造記念館の人がINAZOに来た。
 札幌Let's中央内にあるそれは、「遠友夜学校」跡地でもある。
 記念館の人の話で面白かったのは、稲造の教え子がわざわざ長野とかから記念館を
訪ねてやって来るという事。教え子にまだ生きている人がいて、今だに尊敬の念を持ち生きているという事実。(自分にしてみたら先輩にあたりますね)

 「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」で有名な、福沢 諭吉は口だけだったと言う人が稲造好きには多いよう。。。
 なんとなく理解できる。今の世の政治にも思い当たることがあると思うから。
 諭吉は悪い人と言うのではなく、後世ではマイナーな(笑)
稲造は底辺から救おうとしていたのでしょう。
 もっと日本の教科書に取り入れられるべきと思います。
 村上 龍さんの、福沢諭吉にたいしての何かの文章でも、そういうニュアンスのものを読んだ記憶がある。
 「学問のススメ」じゃなく「学問より実行」と説いた稲造の言いたかったことが見えてくる。

 あらためて、「やっぱ稲造やねん。」

 いつか当店で、稲造の教え子さんたちにシンポジウムをやってもらおうと思いました。
 お会いして、自分を試し、確認したいです。
[PR]
# by bar_inazo | 2006-02-17 15:34
LATTE
sapporo jazz torio、 LATTE のライブが14日INAZOにて行われました。
ラテンジャズファンクとでも言うのでしょうか、新しい世界を聞かせていただきました。
 3人ともテクニシャンで、ライブワークも楽しく、飽きない2時間でした。
 おかげさまで、満席状態の店内は最高にHOTでした。
PLAYERの皆様、この日足を運んでくれた皆様、心よりありがとうございます。

 LATTEの皆様、また良いライブお願いしますね。
[PR]
# by bar_inazo | 2006-02-16 16:48
2.14
inazoでバレンタインライブを行います。

出演  Latte
Open 18:00
Start  19:00(2Set)
前売り ¥3000  当日 ¥3500
 1 ウェルカムドリンク&フード付

先着20名にInazoセレクトCDプレゼント!!

是非お越しを。
お待ちしております。
[PR]
# by bar_inazo | 2006-02-08 16:06
雪かき
 昨夜からすごい雪。昼に目覚めて、外にでてみるとひざ下くらいまで積雪している。
 雪かきは嫌いではないので、苦ではないのだけれど今日はちょっと多すぎ。
運動不足の自分には良い運動で、根性たたきなおすにはちょうど良い。いい汗かきますよ。
 自宅が山の中腹なのでほとんど自然との闘い。市の除雪の区域外だから町内会で除雪費
集めて業者に頼んでいる区域。だから1日に1回しかこのあたりは除雪車が来ない。
 今日みたいに雪が降っている日は家の前の道路まで自力で除雪。しかも、1日に2,3回。
 大変そうに思うでしょう。。。大変。外に出ると近所の人のほとんどが雪かきしている。
 なんかいいよ、この風景。人間の基本みたいなのを感じる。機会ではなく自力で生活している感じ。
 除雪には時間がかかるけど、なんかゆとりがある感じもします。
 除雪が終わって、家でコーヒー飲んでいるときにそう思う。生きるための仕事後の1杯。生きるためにやらなきゃならない事の一つ。
 頭でなく体を使う仕事。理屈でないから好きです。

 デジタルメインの世の中で絶対忘れたくないこの感覚。

 雪かき、、、自分は基本に返れて大好きな家事です。
[PR]
# by bar_inazo | 2006-02-04 17:35
節分
 今日は節分。
 旧暦ではこの日がお正月のよう。なんかうれしくなる。子供みたいに正月好き。。。
年中正月だったらいいのにとマジで考える、毎年。
 立春。なんかいいよね。沖縄やワシントンでは桜が咲いたよう。

 家の掃除をして豆まきして、自分は初めての恵方巻きを食べた。今年は南南東の方角を向いて食べるらしい。太巻きを切らずにいただく。福がきれないように。
 日本のこういう文化、いいよね。大切にして生活したいです。
気持ちがリフレッシュします。

 INAZOでもやろうっ、豆まき。
 突き出しはゆでた落花生にしようかな。。。

 あとで、神社いってこよう。(寺かな?)

 「鬼は外、福は内」
 いい年でありますように。

                   合掌
[PR]
# by bar_inazo | 2006-02-03 16:01
INAZO トーク
 昨日、INAZOに某隠れ家店の店主とスタッフが遊びに来てくれた。
 自分も一度行ったことがある、ワインが充実した良いお店。あまり教えたくないお店の
一つ。
 カウンターの席について、お互いの自己紹介がはじまり、いきなり「ゆうぞうさんですか?」
と聴かれ、「山崎 明です。」とこたえまず爆笑。「当店、イナゾーといいます。」といい爆笑2。
加山雄三のまねしようかと思ったけどやめ。(やったことないし)
 「どうしてINAZOなの?」の質問からその由来を延々とトーク。Dr新渡戸について、そして自分とのかかわり、そしてこれからの展望についてお話しました。
 お互い飲食関係ということもあり、「農」についても知っている範囲で説明。札幌農学校出身である稲造の思考の基準、哲学はすべて農からきているものだから。土レベルというか。
 同時にアイヌとの共通点も自分なりの解釈で説明。狩猟民族と農耕民族の違いと両者の心得のようなことを。北海道に住んでいるんのでこの辺の話は自分にとってははずせない。アイヌと日本人の関係の究明は今でも自分のテーマ。
 そして、人種差別を背負った歴史のある黒人やアイヌと、サムライがサムライとして生きていけなくなったサムライの共通点の自論を説明。
 Dr新渡戸はその辺のクエスチョンをクリヤーにしてくれる存在。そして日本人でよかったと理解でき、誇りをもてるようにさせてくれた人です、自分にとって。
 「武士道」や「修養」、「東西相触れて」等の書物を紹介し興味を持ってくれたようでした。
 「よかった。」と素直に思いました。INAZOの名で店をやっている意味と実感がわいてきました。
 やはり当店はメッセージ色の強い隠れ家BARなのでしょうか。自分にとっては表現手段の一つ。これからも訴えかけて行きたいと思っています。
 帰りに、「面白かった、ありがとう。」と言っていただき、天の稲造と握手をかわした一夜でした。
 明治の巨人に感謝。
 いつかもっと充実させ、本でも出せたらいいなと思いました。

 INAZO SOUL NIGHT!!!でした。
[PR]
# by bar_inazo | 2006-02-02 14:33
創成川イーストルネッサンス
 今日から2月ですね。ハヤッ。
先月はINAZO、色々ありましたね。。。
 それは、隠れ家の当店が雑誌(北海道ウォーカー)さんとUHB「のりゆきのトークで北海道」
に取材されたこと。
 「隠れ家でないしょっ!」・・・大丈夫、住所は出していませんので。
 どちらも、創成川イースト特集。いま少しだけ注目されているみたい、この辺り。
これから開拓されていくまだ未完成な状態がいいのかも。そして東側の歴史も面白いと思う。
 創成橋の東が札幌の起点であって、頓宮もあり、南1条は表参道のようなもの。
当店の名前にもなっている新渡戸 稲造が開校していた「遠友夜学校」もいまのLet’s 中央の場所。クラーク博士の住んでいた場所も東側。魚町や日本清酒、サッポロビールなど明治初期の経済の源でもあった場所。
 札幌祭りの見世物小屋も元は創成川沿いにあったものだし、今の頓宮の辺りで「木暮れサーカス」もその祭りで行われていたよう。この場所はルーツ的な場所。

 昔メインで、今は我々の世代がそれを復興しようとしているのでしょうか、このノリは。
 今後もう少し良いお店が増えて、いい感じに街仕上がるといいですね。
 僕も頑張りたいと思っています、創成川イーストルネッサンス。
皆で盛り上げたいですね。

 夢を追いかけて。
[PR]
# by BAR_INAZO | 2006-02-01 14:39
今年も残りわずか
 1年、あっというまでしたね。今年はいろんな事を経験した年になりました。
 まず一つに、InazoでLiveイベントをやり始めた事。少しずつPA機材をそろえ、
やっと現実化しました。STAFFにも恵まれ、いい環境を創り出せたと思います。
まだまだ、頑張らなくてはならない部分があるのですが、一つ一つすすめていきたい
と思っています。
 今、こう考えられるのも、今年InazoでPLAYしてくれた方々やお客さんが喜んで
くれたおかげだと思っています。もっと気持ちよくさせたいという欲望がやる気につな
がります。ありがとう。
 moon germ、アノイラ、ダウンタウンウキウキバンド、松山 いずみ、太郎さん、
後藤さん、他お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

 そして、もう一つ。日本清酒の蔵祭りにJoe 山中さんを呼んでLIVEを成功させたこと。
このイベント、来年はもっと大きくなりそうで、ゆくゆくは札幌の1大イベントにまで成長さ
せられたらいいなと思っています。今年は7000人以上の人が集まったこのイベント。来年
はその倍以上を目指しています。創成川東のルネッサンスという気持ちで活動しています。
 こうご期待!!!応援の方よろしくです。

 そんなこんなの今年1年は本っ当早かったです。充実した良い1年になりました。
これからの人生のステップアップにつなげていきたいと思います。
 頭の中の制限を解除して、夢や信念が宇宙にまで広がれば、、、という気持ちで来年も
頑張っていきます。

 Don’t forget the power of soul.

 来年もよろしくお願いいたします。
                   皆様、よいお年を。


                                     YAMA
 
[PR]
# by bar_inazo | 2005-12-28 04:24
Bar Inazo
a0064366_3402277.jpg

  inazo
     札幌市中央区南3条東1丁目ー3
      011-219-2348
     Open 20:00  Close MIDNIGHT
     Music Charge ¥500(つきだし付)
     Drink  ¥500~
     FOODS ¥500~
            ーおすすめはPIZZA(ゴルゴンゾーラ) ¥1,500ー
     Music Selected By Yama
     日・祝日定休、臨時休業あり

      札幌2条市場界隈の路地裏で、新渡戸 稲造に感銘を受け、
     その名を冠した、隠れ家的Music Bar。
      JazzやSoulなどのアナログ盤やCDが、オーディオから心地よく
     流れている。
     Good Soundとお酒で、都会の喧騒から逃れて、ゆっくりと
    流れる時間を楽しんで下さい。



                               AY OFFICE 山崎 明

       
                                                         
                                                                                                                                     
[PR]
# by bar_inazo | 2005-11-17 16:36
  
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
外部リンク
ファン
ブログジャンル